開店祝いの花は長持ちするものがいいです

開店祝いにお花を送る場合にはなるべく長持ちをするような種類が良いです。すぐに枯れてしまうような物はあまり縁起が良くないので避ける事が必要です。最近では生花ではなく観葉植物などを送られる方も増えて来ています。観葉植物はとても長持ちしますし、手入れなども大変では無いので人気が有るようです。花屋さんも大変少なくなって来ていますので、ネットなどで頼む方も多くなって来ています。種類はとても多くどのような物を贈ってよいか解らない場合には、ネットで掲載されている物の中から選ぶ事が出来ます。最近ではご自分で選んだ種類をアレジメントしてとても素敵に作成して貰う事が出来ます。料金なども事前に予算を決めて置くとそれなりの物を作ってくれます。届け先なども連絡して置くときちんとその日程や日時にお祝いとして持って行ってもらう事が出来るのでとても便利です。

開店祝いの定番である花

新しいお店がオープンするとなったら多くの人が並んで開店を待つほど話題となることも珍しくありません。その際に、開店祝いとして贈られた花が飾られていることに気づいた人もいるでしょう。普段周囲の知人や親族にお店を開店したという人がいなければ、開店祝いを贈ることもなく、マナーや知識などがまったくないという人が多いです。しかし、いざ開店祝いを贈る立場になったとしたら、贈り物の内容や金額、贈るタイミングなど色々自分が調べて礼儀に欠けたり、迷惑をかけることのないように十分注意する必要があります。花は人気であり、定番でもある贈り物です。特に胡蝶蘭は飲食店であっても、美容室であってもどこでもおすすめできます。とても豪華で美しいので、開店を彩るのには最適ですし、オープン時に来てくれる客の目にも鮮やかでとても印象が良いです。

開店祝いの花を選ぶ時の注意点とは

友人や大切な取引先が新しくお店をオープンさせた時に、開店祝いとして花を贈る習慣が日本にはあります。しかし、初めて贈る方は、マナーや選び方を把握しておかなければ失礼にあたる事もあるので、事前に知識を身に付けておきましょう。まず、選ぶ際に情報としてお店の雰囲気や大きさを知っておきましょう。場所に合わせてサイズを選ばなくてはいけませんので、大きすぎても返って困ってしまうケースもあります。また、飲食店などの場合は、香りの強いユリや花粉が飛び散るようなものは避けておきましょう。そして、選ぶ時に最もやってはいけない事は仏事に用いるもの、花言葉が縁起の悪いもの、火を連想させる赤一色のものは選ばないようにしましょう。コチョウランなどはよく開店祝いで利用される事が多く、沢山の方に選ばれています。人気度や費用などに注目して選ぶようにすると良いでしょう。