開店祝いのお花を贈ること

お店がオープンしたりすると、知り合いの方だと何かお祝いを贈ったりして祝福をするものではないでしょうか。お店をオープンするということはとても素晴らしいことで、特に個人経営の場合は人生をかけての勝負ということがありますので、知り合いですと余計にお祝いをしたいところではないでしょうか。一番おすすめなのが、お花を贈ることです。よく街中でも、開店したお店の前には大きな花が置いてあって、周りから見てもここのお店を新しくオープンしたんだということがわかります。これはお祝いのためだけではなく周りへのアピールになりますので、とてもよいのではないでしょうか。開店祝いに何を贈ろうか迷ったときは、ぜひ華やかになるものをプレゼントしてみましょう。お店の周りや中が華やかになることは、最初のスタートを切るということに華を添えることになるでしょう。

開店祝いに心を込めた花を贈りましょう

新しいお店を出す時やリニューアルオープンをする時など、応援などの意味を込めて「開店祝い」を贈るのが一般的です。どんなものが良いか悩みますが、花を贈る事が大半です。お店の名前を入れてもらい、景気よく店頭に飾ってもらうスタンド花や、店内に飾ってもらう為の物など、相手のお店の条件に合ったものを贈ると良いでしょう。持参する事も出来ますが、直接届けてもらう事が多いのでタイミングを考えておかなければいけません。遅くても1週間前から開店当日には届いていなければ意味がありません。また、生花にとどまらず、ブリサードフラワーや観葉植物など、長持ちするようなものを贈り事もあります。もちろん、どちらかだけを贈ると言うわけではなく、店頭を華やかに飾ってもらって、店内には長く持つものを飾ってもらうように贈るケースもあります。

開店祝いに贈る花について

開店祝いに何を贈ったらよいのか、悩むことも多いです。贈る相手に対して、応援や励ましの気持ちを込めて贈ることが大切です。そんな数ある贈り物のうち、花を贈ることも多くあります。インテリアとしてお店などで良く使われている観葉植物や最近人気の水やりが必要ないプリザーブドフラワーなど、花にもたくさんの種類があります。観葉植物は、インテリアとしてだけでなく、空気を綺麗にしてくれるという効果や見ている人を癒してくれます。プリザーブドフラワーは、長く楽しめるのはもちろんのこと、花粉や匂いが駄目な場所で活躍します。そして、組み合わせによってデザインを変えられるため、雰囲気に合わせやすいです。また、メッセージを添えることで、より相手に伝えやすくなります。種類や色合いなど、贈る相手のことをよく考えられるのがポイントです。