開店祝いに花のギフトを贈りましょう。

大切な人の開店祝いに、生花のギフトを贈りたいと考えている人が増えています。百合やバラ、カーネーション、ガーベラなどの季節のお花をアレンジした商品は高い人気がありますし、ピンクや黄色などの明るい色彩で統一した商品もお勧めしたいです。近くにお店がある場合は、希望の日時に配達をしてもらえるように予約をしておくと良いでしょう。近くにお店が少ない場合は、インターネット通販のお店を利用すると、きれいにラッピングをしてくれますし、立て札やメッセージカードを添えてもらえます。胡蝶蘭は長く観賞できますし、蝶々が舞っているような愛らしい形が特徴で、縁起の良い花言葉なので、開店祝いにぴったりです。上品で清楚な印象の白や明るい雰囲気のピンクや黄色などのカラーが揃っているので、受け取った人が喜んでくれます。大体の予算を事前に決めておくと選びやすいです。

開店祝いの花について

景気が回復している影響でしょうか、新規の飲食店の開店が増えているようです。ラーメン店や回転寿司がブームになっていますし、消費が拡大されることは好ましいことです。浮き沈みの激しい飲食業界ですが、一山当てれば巨額の富を得る魅力があります。そんな飲食店ですが、開店祝いに付き物なのが花ではないでしょうか。昔は品物が一般的でしたが、近年は生花が増えているようです。見た目も華やかですし、美しい植物は私たちの生活に潤いを与えてくれます。最も有名なのが胡蝶蘭ですが、花言葉は「飛来してくる幸せ」です。贈る側の気持ちが表れますし、来店者の目を引くことは確実です。バラも定番になっていますが、やはり胡蝶蘭には勝てません。飲食店に限らずです。が、新規に店を開くことは大きな賭けになります。成功を祈る気持ちを託して、贈り物をして下さい。

開店祝いの花を贈るマナー

開店祝いの花というと胡蝶蘭であり、なんといっても気品があって、高級なお祝いの花として有名となっています。そして、サイズについてもちょうどよくて、それほど大きくないような店にもぴったりとなっていますし、華があります。また、開店祝いに関しては胡蝶蘭をおすすめしています。なお、基本的には開店前日に到着していくように贈っていくのが一般的となっています。また、プレオープンがある場合にはプレオープン当日において到着しておくようにしておきましょう。そして、開店日を過ぎたとしても開店祝いについてはきっちりと贈っていくようにしましょう。また、開店より1週間を過ぎて到着している場合は花以外による贈り物を贈っていくほうがいいでしょう。そして、食器や鏡、お酒など時期に合わせた上で贈り物を選んでいくようにしましょう。