開店祝いにお花を贈るなら

開店祝いのお花と言えば、ひと昔前ですと、高さ二メートル位の丸くて大きく、紅白のリボンが付いているような飾りが店頭に並ぶイメージがありました。ところが最近では、あまり見かけなくなり、代わってスタンド型のアレンジメントタイプが増えてきています。もちろん、今でもあの大きくて丸いタイプも注文することができます。金額は、大きいタイプですと取りつけ撤収作業の費用を含めて約二万円から注文できますが、作成に約一週間かかりますので、余裕を持って発注しなければなりません。スタンドタイプですと、約一万五千円からあり、色や花の種類の希望を聞いてくれる場合もあります。スタンドタイプであっても、やはり設置や撤収を依頼しなければならないので、より手軽なバスケット等に入ったアレンジメントや、胡蝶蘭の鉢植えを贈る人も多いです。いずれにせよ、開店祝いを受け取る人の好みや、お店の様子をよく考えて選ぶ事が大切です。

開店祝いに花を贈るときに気を付けたい事

知人の開業時など、華やかにお祝いしたいけれど、実際には何を贈り物にしたら良いのか迷う時があります。新規オープン店の前には、大きな花輪やスタンド花がきれいに配置されているのを見かけます。店内も、お店の外も大型の物を置けるスペースは限られていますので、大きな物をプレゼントしたい場合には、事前に確認したいです。さて、生花は美しくて頂くと嬉しいのですが、日持ちがしないので、水を取り替えたり、傷んだ部分を剪定したり等、きれいに保つ為の手入れや、処分するのに手間がかかります。プリザーブドフラワーは、日がたっても鮮やかさが保たれるように処理されています。しばらくの間はそのまま飾ってもらえるので、相手に手間を取らせる心配がありません。受付カウンターやレジ横など、場所もとらず、おしゃれな雰囲気を演出できますので、開店祝いで贈ると重宝してもらえますね。

開店祝いの贈り物は色鮮やかなお花

友人や知人が開業や開店をするときには、開店祝いを贈る事が常識だと考えられます。今後のお付き合いにも、関係してくることとなってきますから、忘れる事が無いように、先方の晴れの日をお祝いしたいと言えるでしょう。贈り物で適している品と言えば、やはり花などが一番適していると思われます。そのお店の大きさやどんな職業なのかも、事前にしっかり確認をとって、その雰囲気に合わせたお祝いの花を贈りたいと考えられます。配置するスペースが確保できるならば、スタンドの物なら、とても華やかさを演出できると言えますし、喜ばれるギフトだと言えるでしょう。お店の近隣でも目立ちますし、開店しましたというしるしにもなりますから、素敵な贈り物になるでしょう。スタンドを置く場所が無いようだったり、わからないときには、アレンジメントの花が適しています。色鮮やかで豪華になりますから、喜んでいただけると言えるでしょう。

決められた時間に注文を受けた場合、3時間以内(またはお客様の指定時間)に間に合うようにお届けしており、お急ぎの場合も安心です。「Plejour」とは、英語の「Pleasure(楽しむ)」と仏語「jour(1日)」から生まれた造語。 全国どこでも素敵なお花を翌日配送、都内なら3時間以内のお届けも可能なので、お急ぎの際にご利用下さい。 開店祝いの花なら種類豊富な当サイトへ